2019年 / ドラマ / エピソード全8話 / Netflixで観る

スペシャル 理想の人生

作品を観たみんなの感情

😔
100%
😢
100%
😌
100%

あらすじ

軽度の脳性まひをもつゲイの青年が、守られた狭い世界を飛び出して、実社会へと新たな一歩を踏み出した。すべては、自分が描く理想の人生を手に入れるため。

キャスト

ライアン・オコンネル,ジェシカ・ヘクト,プーナン・パテル,マーラ・ミンデル,オーガスタス・プリュー,パトリック・ファビアン

ジャンル

コメディ, 本に基づくTV番組・ドラマ,TVコメディ,アメリカTV番組・ドラマ

観終わったときの感情を教えてね😃

😂

笑った

😊

ハッピー

😆

スカッと

😳

ワクワク

😢

感動

😌

心温まる

😔

悲しい

🥰

恋したい

😨

ハラハラ

😱

怖い

😑

喪失感

😪

退屈


みんなのレビュー

Netflix好きの運営者

Netflix好きの運営者 4月22日
自立したいけど周りが自分を大人だと認めてくれない、
障害者だとわかると人に避けられてしまうから、嫌われたくないから嘘をついてしまう、
障害者だと認めたくない、
孤独、
という障害者の悩みを映し出した作品。
それはそれで観てるだけで胸が苦しくなるシーンがたくさんあるけど、
主人公のユーモアのある性格や、失敗をたくさんしてしまうけど立ち直る強さがあって、それは健常な人でもなかなかないもの。
そういう主人公の性格だからだけど、健常な人でもいろんな苦難がやってくるのだから、同じように立ち直るべきだと感じた。

Netflix好きの運営者

Netflix好きの運営者 4月22日
障害者の主人公の母は、いつも息子を気にかけて、息子からのSOSにはすぐに駆けつけていた。
隣な引っ越してきた男性と付き合い始めたが、男性が置き忘れたジャケットを男性のものと知らずに気に入った息子に、母は付き合ってることを隠すために、あなたに買ってきたと嘘をつく。
それを後で知った主人公は男性の目の前でキモいと激怒。
男性は、息子は障害者だからアホと軽蔑。母はそれに怒り別れることに。
母はそれを息子のせいと感じ、何もできない息子のために自分を犠牲にしてきたと喧嘩になる。
2人は喧嘩したまま終わりとなる..

Netflix好きの運営者

Netflix好きの運営者 4月22日
脳性まひと言うと気持ち悪がられる主人公。
インターン先では、脳性まひではなく事故による障害だと嘘をつくのだが、それを記事にすると人気が出てしまう。
自分を障害者ではない、自立できると主張し、独り暮らしを始めるが結局誰かを頼りにしないと生きていけないと知る。
友達だと思ってた人も本当は友達ではなかったと気づくシーンは悲しかった。
会社で、障害は事故ではなく脳性まひであると自白したとき、皆が呆れたけど、それまで仲が良かった子には素直に嫌われたくなかったと謝るのは強いし、そうあるべきだと改めて思わされた。

レビューを投稿

残り255文字