シー・ユー・イエスタデイのレビュー

2019年5月26日
タイムマシンを開発中の高校生が、射殺された兄を救うために過去に戻るのだけど、また別の死が待っていたり、思い通りに過去を変えることができずにいた。
そういうのを見ていると、現実にタイムマシンが完成して誰かが悪用しようとしても、結局過去を変えるために大きな犠牲を払うことになって、その犠牲と変えたい過去を天秤にかけて結局諦めることが多いのだろうとか、タイムマシンをうまく使いこなせる人はいないとか、タイムマシンを使いこなす職業が生まれるのかなとか考えてしまった。

運営者

運営者